インタビューNo.1(大竹啓裕)